読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記1147

yoshinashi stuffs

大企業

大企業はなんやかんやいっても上の年寄りの力が強くて、固い考えが深く根付いているものなのでしょうか。

「挑戦心ある人、創造的な人材」を募集要項に掲げているわりにはそういう人材が選考で落ちていく。 所詮使い勝手のよい駒を探しているのではないかと思ってしまいます。
社長というものはそもそも「周りから無理と言われるoutstandingな人」であったと思います。それでも努力を続けたから社長として事業を大きくしている人がいるわけです。

ところがその会社の採用というのはoutstandingな人は敬遠されるみたいです。
なんだかおかしな話でもないでしょうか。一度"組織"が出来上がるとその繁栄に最も貢献できる人材を補完していく「守りベース」の経営になります。上場していると株主に配当が行くわけですけどそれを社員の給料や研究開発費に注ぎ込んだほうが・・・?

うだうだ。